てつるぶろぐ

仮住まいなう

海外からのお客様。

土曜日、こないだようやく買った「137億光年のヒトミ」(詳しくは次のエントリへ)をだらだらと呑みながら朝3時頃まで読んでそのまま気持ちよく就寝して。10時半頃目が覚めて布団のなかでうにうにしていたら、前日にhttp://faam.city.fukuoka.jp/でシンポジウムのパネリストなぞされた*1大学時代からの友達(←また出た)K姐さんから、要約すると「昨日呑んだくれて二日酔いなんだけど福岡の案内をしろ」というメールが届く。(実際にはもう少し丁寧(笑))
姐さんとはアンテナのベクトルが結構似てるので遠慮なく自分の興味の向くまま案内できるのが助かるとこなのですが、年度末でどこも特別展とかかかってないのと、雨がちな天気だったので九博行っても太宰府天満宮素通りじゃつまんないしなあ、とか色々悩みつつ、個人的に一度は行っておきたかった同業者(爆)のまもるーむに行くことにして博多駅まで拾いにてこてこと馳せ参じたのでした。
とりあえずランチにと会社の同期女史が最近行ったと書いてておいしそだったひょうたん寿司へ。旬のにぎりセット(にぎり+茶碗蒸し+貝汁セット)と追加でごまサバをオーダー。いやほんとにうまかったです。茶碗蒸しもうまかったし、茶碗蒸し。茶碗蒸し。<強調しすぎ
僕は二日酔いではなかったのですが、あれは二日酔いの迎え食事としてはかなり好ましいメニューだったのではないでしょうか?ね?


そこから唐人町まで地下鉄で出て、ヤフードームを横目に見ながらまもるーむへ。ちょっとゆるめなクイズとかをわーわーとやってみたり。してるうちに本棚に「できる・できないのひみつ」を発見。しかも版変わる前だ、と一人で興奮(爆)


で、ちょうどちびっ子相手の実験講座をしておられて、ちらと見たところ霧箱(大学生の時国立科学博物館の実験講座で遊んだことがある)を作っていたようで自然と頬がゆるんだり。ってしてたら講座が終わり、助手役の女性から「ちょっとちょっと!」っていきなり呼ばれて子供たちのいなくなった実験ブースで九大の先生交え色々お話。先手を打って「霧箱ですよねー?」ってにこやかに聞いておいたけど(笑) *2
文系上がりのK姐さんほったらかして(ごめん)先生と二人で「あっ飛んだ!」「お、ここにも飛んだぞ!」とか妙に盛上がる(爆)いくつになっても霧箱は見てて飽きないなあとちょっとほのぼのいたしました。
東京近郊の方は武道館近くにある科学技術館(でんじろう先生の根城)2階Dブースに大きなのがございますので是非。タッパーとドライアイスとエタノールで自作もできまする。


そこから何故か上映していた愛媛のとべ動物園のシロクマ・ピースと飼育員のドキュメンタリの上映会を見て普通に興奮しました。ホッキョクグマの子供ってなんであんなに暴力的にかわいいんだろう…ガーガー吠えてたのにはちょっとヒいたけど。


なんか普通にのびのび堪能したあとはバスで天神に戻り、軽くお茶などしてからもつ鍋を食べさせてやろうと思って越後屋とおおいし(ごめんちょっち迷って)に連れてくもどちらも満杯だったので博多一番鳥で「六本木の美術館には愛がない」とかうだうだ言いながらニワトリつついてお酒呑んでしてから空港まで送ったのでした。

お茶の風景。


ちなみに空港のおみやげ売り場にブース出してたドライ明太子屋さん、田主丸の蔵開きの時に若竹屋さんでも見かけたので思わず声かけつつ姐さんにも勧めて買わせてしまう(笑)<回し者め
金探に向かわれる姐さんに手を振り、レストランでビールを呑みながら飛行機を見送ってから帰ったのでした。


また来なねー。

*1:友達付き合いな人がそういうまじめな場に出ているというのは想像するだけで笑いがこみ上げるのですが(爆)ナマで見たかったんだけど仕事終わんなかったんだよう

*2:あやうくラザフォードの発明ですよね?とか知ったかぶりそうになったけどラザフォードは金箔だったよなと思って何も言わずにいた。<発明者はウィルソン。