読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てつるぶろぐ

仮住まいなう

暮れの元気な

ご挨拶に大学の研究室へ。
三千盛の一升瓶片手に。


もう全く面識のない後輩たちの卒論中間発表の末席に座って、ちょっとだけ発表聞いて。


とりあえずプレゼン能力はすごいなあ、今のコたち。


そっと教室を抜け出しながら、年とったのやら、遠くまできてしまったのやら、と思ったり思わなかったり。