てつるぶろぐ

仮住まいなう

山陰行ってきた その2

前回の続き。相変わらず殆ど写真路線。

3日目 出雲

またしても朝ちゃっちゃと宿を出て、松江にレンタカーを返しに行く。10時返却予定が8時過ぎに返すという面倒な客(ごめんね)。一応受け付けのおっちゃんには丁重に謝ったけど。
松江駅の北口からバスに乗って、一畑電鉄の駅まで。ちょうど出雲行きの急行電車が改札待ちの良いタイミング。改札前でぼんやり待ちながら周り見てたら、なんか全体的に鉄分高い人が多かった。映画の影響かな。

_DSC3138
改札が開いて、電車乗って、ゆらゆら宍道湖の脇を電車に揺られて、そのまま出雲の方へ。
以下車窓写真。
_DSC3144
_DSC3145
_DSC3148
_DSC3156
_DSC3159
_DSC3163


大社の駅を降りて、ロッカーに荷物突っ込んで出雲大社へ向かう。意外に女性が多いなあと思いながら。
_DSC3168

_DSC3169
よその人の画角に入っても一向に気にしないおばちゃん。

60年ぶりの平成の大遷宮で御本殿の屋根の葺き替えをされている最中ということで、その見学も。見学者待合所にはウォーターサーバー熱中症予防の塩せんべい系が置いてあった。
_DSC3175

見学中は写真撮れなかったので終わったとこ。
_DSC3177
_DSC3178
御仮殿。

_DSC3181

_DSC3183
そこから田中屋さんで出雲そばを食べて(うまかった)、ヨメがお土産を買って。


_DSC3188

で、時間がぎりぎりになってしまったので、走ってバスに乗って日御碕(ひのみさき)の方へ向かう。
_DSC3189

日御碕神社を抜けて、自販機でポカリ買って、海岸から上り坂を歩いて灯台まで向かう。
_DSC3196
_DSC3200
_DSC3207 _DSC3221
灯台まで結構歩いた上に、灯台の中も当然階段なのでずっと暑かった。登りきってもあまり風はなくて、二三周適当に写真撮っただけで降りる。で、また来た道をてくてく帰る。

バス停に戻って、出発まで時間があったので懐かしい感じのお店でラムネを飲んで。
_DSC3235
_DSC3241
またバスで戻り、大社駅から一畑で出雲市駅に向かい、JRで鳥取へ。
結構混んでる特急から大山を横目に見ながら鳥取市に向かい、駅前のホテルへ投宿。晩ご飯は適当に居酒屋へ。魚が大量でうまかった。日本海側ラヴ。もさエビ食べ損ねたのだけが心残りだけど。

4日目 鳥取砂丘

鳥取駅のロッカーに荷物を突っ込み、朝ご飯を食べ、バスで鳥取砂丘へ。砂丘センターで降りて、建物ぐるりしてからリフトに乗っていざ砂丘。天気はほどよく薄曇り。思ったより暑くもないので飲み物もなしでそのままgo(これが後に響く)
_DSC3247

とりあえず小高い丘になってる「馬の背」のてっぺんへ。風は強いけど良い眺め。
α900をモノクロモードにかえたりしながら写真を取る。風が強いのでレンズを換える勇気はとても無かった。というか帰ってきてから気付いたけど全体的に露出が残念なことになってる…
_DSC3254
_DSC3262 _DSC3263
_DSC3269
_DSC3270
_DSC3275
_DSC3279
_DSC3283
_DSC3287 _DSC3290

下を見ると日本海がすぐそこに。ということで、海までゆるゆると降りていく。海があるとね、浸かりたくなるよね。
_DSC3293
_DSC3301

普通のスニーカーだったので、坂を下ってるうちにつま先が動かせないほど靴の中にぎっしり砂が入る。波打ち際まで降りたら必然的に靴と靴下脱いで砂を出して裸足で海へin。
_DSC3303
_DSC3310
_DSC3313
_DSC3320
…とかしてたら曇ってた空が急に晴れ間が差してきて。

ひとしきり遊んで写真撮ってさあ戻ろうかなあという時に地面の砂が。砂がちょう熱いのよ。。
とりあえず馬の背の途中まで裸足で上がりつつ、「あ、無理。これ無理」ということでとりあえず靴下だけ履く。靴履く気力はどこにもなく。
_DSC3321

へとへとになりながら馬の背のてっぺんに登って、思ってたより遠いリフト乗り場にヨメと「…とおすぎね?」と呆然としながらも、気力振り絞って靴を履き、倒れるように一歩ずつ前へ。ひたすら前へ。
「いやー大変だあ」とか暢気に騒いでるおっちゃんたちを無言で追い越し、途中何度も立ち止まって息を整えつつ、サラサラした変な唾液が出てきたり、吐きそうな咳もしつつ、ひたすら人間の土地目指して歩く。
なんとか駐車場まで出て(結局海岸から30分くらいかかった)、自販機で今までの自分史上最高に手際よくEdyスポーツドリンクを買って、ヨメのとこに戻りながら一口二口飲み下してヨメにパス。で、ベンチで二人で無言で回し飲み。なんか自分の手とかぶるぶる震えてて、電解質バランスが…と思いながら、色々反省*1。そのまま追加で500mlのPETドリンク二本飲んで、ようやく立てるまでに回復したのでリフトに乗って砂丘センターに戻る。

砂丘センターで団体客に混じってレストランで一息ついて、バスに乗ってそそくさと鳥取駅へ。お土産を色々物色して、駅南にあるモスで明太鶏天バーガー齧ってして時間を潰し。

_DSC3327 _DSC3332
スーパーはくとの先頭車先頭列に座ってちくわ齧りながらビール飲みつつ、姫路で乗り換えて新幹線で帰ったのでした。
今回はひたすら暑かったので別のシーズンにまた行ってみたいなー。ということで、おわり。

*1:とりあえず教訓として良い子のみんなは鳥取砂丘に行く時はちゃんとした靴と飲み物を忘れるなよ!!砂丘はいつも自分が思ってるよりずっとでかいぞ!!とか書いてみる。