読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てつるぶろぐ

仮住まいなう

よみがえれ。


アクアマリンふくしまという水族館があります。
場所は福島県いわき市小名浜という港の脇で、電車で行くと、常磐線の泉という駅からバスで20分くらいの所。
のどかで、いい所にある水族館でした。


あの地震が起きるまでは。



初めて行ったのは2006年の12月。
当時福岡に住んでいて、上京したついでに、上野にホテルを取って、朝一のスーパーひたちの指定を取って、6時起きで出かけて。

妻と付き合ってから初めて行ったのもアクアマリンふくしま。結婚してから初めて行った水族館も。

PICT2426.jpg
PICT2427.jpg PICT2438.jpg
PICT2444.jpg PICT2466.jpg
PICT2462.JPG
PICT2489.jpg
PICT2490.jpg
PICT2496.jpg
PICT2522.jpg
PICT2536.jpg PICT2542.jpg
PICT2567.jpg
PICT2576.jpg
PICT2583.jpg
PICT2598.jpg
PICT2604.jpg PICT2608.jpg
PICT2609.jpg
PICT2616.jpg
PICT2621.jpg
PICT2634.jpg
PICT2635.jpg
PICT2637.jpg
PICT2646.JPG
PICT2652.jpg
_DSC0338
_DSC0349
_DSC0362
_DSC0365
_DSC0367
_DSC0373
_DSC0425
_DSC0443
_DSC0457
_DSC0470
_DSC0491
_DSC0495
_DSC0497
_DSC0513
_DSC0521
_DSC0561







暖かくなって、蛇の目ビーチ(どこの水族館にもあるタッチプールがビーチまるごとになった容赦ないサイズのビオトープみたいなやつ)が解禁になったらまた行こうと思ってたのに。
ストランディングしたクジラの頭骨と写真撮ろうと思ってたのに。


自分の中では、あそこは今でも、少なくとも東日本で一番好きな水族館。
あんなに生真面目で正直な水族館はないし、たぶん世界に誇っていいレベルだと思う。わざわざインドネシアまで水中ロボット持ってってシーラカンスの絵撮ってくる一方で、ローカルな所ではタッチプールに飽き足らず、ビーチまで造成して。皮膚感覚への影響の与え方を知ってるんだと思う。それに、学校に移動水族館までやって。

それに何と言ってもイルカがいないこと。一般の人にとってイルカのいない水族館なんてジェットコースターのない遊園地みたいなものなのに、それを平然とやってのけてた。*1
時間になったら始まるショーの代わりに、15分おきくらいにボランティアさんがバックヤードツアーに連れていってくれてた。



東日本大震災:電源の燃料尽き魚類など絶望 福島の水族館

今回の地震で、津波を喰らって、燃料不足で自家発電が無理になって。このニュースが報じられた時の「魚類の生存絶望」というのは、確かにある終わりだと思う。魚類の生命維持には水を回さなきゃいけなくて、哺乳類よりずっとエネルギーが必要だから、これ以上は無理という判断はすごく妥当だと思う。妥当だけど、スタッフの心情を想像するとすごく胸が痛む。

でも。この絶望は、このアクアマリンふくしまだったからこそきっと「希望」なんだと思う。あの人たちは、こんなので終わるはずない。
営業再開したら、絶対今迄よりもさらにすごい水族館になるんだと思う。少なくとも、そう信じてる。



いつか。いつかまた行って、ビーチでしこたま遊んで、ボランティアさんの時々ぎこちない案内でバックヤード回って、レストランでゴンベ焼き*2食べて、出る時には受付の人に言われるより先に「ありがとうございました」って言ってやるんだ。


で、10年とか経ってからまた行って、必ず誰か連れて行って、相手が子どもだろうと大人だろうと容赦なく周りに聞こえる声で「いいか、ここはあの時の地震で世界一でかい地震津波をまともに喰らった水族館なんだぞ」って自分のことのようにドヤ顔で言ってやるんだ。


「だからここは世界一すごい水族館なんだ」って。





_DSC0384

カッパも、河ガキも、アクアマリンも、よみがえれ。よみがえれ。

追記(2011/4/23)

お出かけ系あるふぁぶろがーな方々に言及して頂きました!遅くなりましたがありがとうございます。
ここ一年で旅ブロガーを通り過ぎた7つの水族館たち - メレンゲが腐るほど恋したい
2011-04-09 - 俺は魚だ,と言ってみるテスト
matsukazutoさんとこのブコメでも書いたんですが、いろんなとこでアクアマリンふくしまのことを「あの水族館は良かった」とか、行ったことない人でも「行ってみたいと思ってた」とかすごく評価が高くて、関係者でもないのに我が事のようにすごく嬉しいというか、誇らしい気分です。

他の動物園・水族館に移送された動物たちも、給餌できるようになったとか嬉しいニュースをちらほら見かけます。そんな中、鴨川シーワールドが受け入れたゴマフアザラシが出産したというニュースがありました。
2011年4月9日 アクアマリンふくしまより受け入れたゴマフアザラシ「クララ」が無事出産|ニュースリリース|鴨川シーワールド

この赤ちゃんが無事、再開したアクアマリンふくしまへ帰る日が一日も早く来ることを願っています

この一文にホロリとしました。

そして、最後に大事な大事なスタッフblogも。
アクアマリンふくしまの復興日記 - Yahoo!ブログ
生き物BLOG


頑張ってなんて言わない。でもジョゼ・サラマーゴ「白の闇」のこの台詞はずっと胸に抱いている。

わたしたちにできる奇跡は、生きつづけることよ。来る日も来る日も生命というもろいものを支えてゆくこと。

追記(2011/05/31)

スタッフブログから。新しい活魚車!!
http://blogs.yahoo.co.jp/fukushimaaqua/4098447.html
モントレーベイの方も一緒だとか。
ニュースでは7月15日の開館記念日に合わせて再開という話もありましたが、一歩づつ前進していることに心が踊ります。
それでも、どうか皆様ご無理のないように…

追記(2011/7/17)

ついに7月15日に営業再開されました。喜び勇んで行ってきましたのエントリはこちらです↓
http://d.hatena.ne.jp/tetzl/20110717/1310885890

*1:別にイルカがいるのが悪いわけじゃないんだけど、正しく飼育できるかという意味で、飼わないという選択肢はもっと取られていいと思うんだ

*2:まあ要は鯛焼きなんだけどさ