読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てつるぶろぐ

仮住まいなう

2011 東北旅行 その3 青森→福島

7/14(3日目)

奥入瀬のホテルから朝出発し、散策している主におじちゃんおばちゃんを横目に車を渓谷沿いに十和田湖方面まで走らせる。
八戸発12時過ぎの新幹線に乗るため、9時になるかならないかのうちに出たので車も少なくとても快適なドライブ。


R102の途中、道沿いに滝(雲井の滝)があったので、助手席側の窓からファインダー覗かずに撮ってみた。
_DSC5830
というかなぜ助手席に座っている妻にカメラを任せないんだ俺。
…とかしているうちにおじちゃんおばちゃん一団がやってきたのでそそくさとアクセルを踏んで離脱。


ゆったりめに道を流しているとまた滝があったりして、写真撮りたいなーと思ってたら簡単な駐車スペースを見つけたのでここぞとばかりに停車。(ちょっと脱輪っぽくなって焦ったけど)

_DSC5831
_DSC5832
こんなところを抜けて階段を降りたら

_DSC5833
しゃわわー(銚子大滝)


適当に写真撮って車に戻って、また車で走り出しながら「また来たいねー、今度は歩きで」と話すくらいには奥入瀬ラブに。


そこからR103で十和田湖畔を通って、R454からまた登り道へ。今度は渓流とか関係のない普通の山道。

途中「キリストの墓」とか「ピラミッド」とか見かけて「うわ、能登みたい!*1」とか言ったらうちの人助手席でガン寝してました。


で、そのままR4経由で八戸へ。
11時20分くらいに市街に着くも、レンタカーのガソリンタンクを満たすお店に行くのにちょっと苦労しつつ、無事車を返却。
「ありがとうございましたー」とニッポンレンタカーのお兄さんお姉さんに頭を下げて、カウンターのお姉さんにも頭を下げたら皆藤愛子さんポスターだった件。


八戸の駅売店で駅弁とビールを買い(運転終わったもんね)、新幹線線路の上にある待合室に鼻息荒くなりながらはやてを待ち、無事12時過ぎ発のはやて164号に乗り込みました。


切符の関係上、30分くらい走った盛岡でやまびこ276号に乗り換えのため、車中では(駅弁があるにも関わらず)おやつだけ食べる。あ、ビールも飲んだ。


盛岡で下車して、売店で日本酒とか買ってホームで待機しているやまびこ276号に乗り込む。
_DSC5848
マテの状態。

_DSC5851
向かいの下りホームでは、一足先にはやぶさたんが出発。


で、そうこうしているうちにやまびこさんも発車。

満を持して頂く駅弁。
_DSC5853
八戸いいとこどり弁当。しば漬けが飛んでるのはご愛嬌。うまかった。


車窓はこんな感じ。
_DSC5854
岩手ものんびり過ごしてみたいなー。


とちょっと食後で寝落ちしたりしながら、郡山で乗り換え。磐越東線ゆうゆうあぶくまライン)へ。


すごく我の強い席の取り方してるおばちゃんとか普通に歯ブラシで歯を磨いているおっちゃんとかいる中、妻と離れて座席に座る。
女子高生は恋愛の話とかしててああその辺はどこもかわんないんだなあとか思いながら。

郡山から数駅で車内の乗客はどんどん減り。
_DSC5856


_DSC5858
こういう線路もまた、好き。


_DSC5864
見上げれば、夏。


とかしているうちに、1時間半ほどでいわきへ。
そこから常磐線に乗り換えて、泉駅まで。泉駅からは新常磐交通のバス。
本当は支所入口のバス停で降りるはずが、ボヤボヤしてしまい降りますボタンを押し損ね次のバス停まで。(しかも運賃50円上がったorz)

バス停からホテルまでてくてく歩き、チェックインをして、部屋の窓から外を眺める。
_DSC5865
アクアマリンふくしまが見えた。


ホテルは晩ご飯がついていないので、予約したお寿司屋さんに行く。エレベーターを待ちながら、ちょっとガスる山並みをパチリ。
_DSC5866

ホテルから歩いていると、虹が架かっていた。パチリ。
_DSC5872
虹に意味があるなら、きっと自分たちでなくアクアマリンふくしまのスタッフさんの日頃の行いだろうな。


ちょっと歩いて、予約した松喜鮨さんへ。
_DSC5873
握りコースと茶碗蒸しを頂きました。おいしゅうございました。
関係ないけど、カウンターにいたおっちゃんの話を聞くでもなく耳にしてたら自分の大学の先輩だった(笑)
あとけっこうおっちゃんたちで「明日アクアマリンの再開だよなー」「あそこの年パスはお得だ」とか言っていたのが面白かった。
愛されてるなー。


ごちそうさまをして、お会計をして。


_DSC5874
お店横には立派な「がんばっぺ!小名浜」看板が。おう、頑張ろうぜ!

その後眠そうな連れを引っ張り、小名浜の港方面へ。

_DSC5876
電柱が傾いていたり、魚の酸えた匂い、油の匂いのする所を通り、

_DSC5878
アクアマリンふくしまへ行く途中の自動車整備工場の「2011年3月11日 津波の高さです」に戦き

_DSC5880
崩れつつある壁に戦慄し。

_DSC5884
それでもしっかり立つアクアマリンふくしまの案内と

_DSC5885
アクアマリンふくしまオープン応援ありがとう」の看板に胸を打たれ。

_DSC5886
車止めに掲げられた「よみがえれ!私たちの海。」に目頭を潤ませ。
明日また来るよと、所々明かりの点いている水族館に頭を下げてホテルに戻ったのでした。


_DSC5893


明日はいよいよアクアマリンふくしまの再開日。

翌日→2011 東北旅行 その4 アクアマリンふくしま - tetzlgraph てつるぐらふ

*1:能登にはモーセの墓があるらしい