読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てつるぶろぐ

仮住まいなう

九州旅行 4日目 黒川→阿蘇→熊本→武雄

前日のようす

_DSC2368
the温泉宿の朝ごはん。
お宿を出て、黒川を早々に離脱して阿蘇方面へ。

通行止めこそなっていなかったものの、夏の豪雨被害の後を補修されているところを何度も通りぬけ、山崩れの跡なんかも横目に見ながらやまなみハイウェイから阿蘇の登山道へ入る。

_DSC2150

_DSC2149

そして草千里でお馬さんに乗る。
_DSC2370

_DSC2373

_DSC2397


先行する奥様にはお付きの方、わたくしはその後ろを人馬一体でついて歩く感じで快晴の阿蘇をパカパカと散歩。奥様はお付きの方と話をしているのでこちらはお馬さんといちゃいちゃとお話。「日差しあったかいねー」「あ、ヘリ飛んでるなー」。って喋ったりしてたらわたくしを乗せた馬さん勝手にショートカットしだしてあわわわわってなっていたら、30mくらい離れたところで先行する案内のおじちゃんが気づいて「思いっきり手綱引いてくださーい」とか言われて「こっちいきたいよねー!ねー!!ねーってば!!」みたいになりながら戻ってもらうなど。なんでも水飲み場がコースの内側にあるからそこ行こうとしたんちゃうかとのこと。水、飲んでくれてもよかったんやけどね…。


_DSC2420
ありがとうありがとう。

車に戻って阿蘇山頂の方へ。途中そのヘリ体験搭乗の受付があって「へー」とか言いつつ山頂に向かうと亜硫酸ガスの匂い*1が強くなってきて火山だねえと言っていたら。
_DSC2421
火山ガスが高濃度なので山頂が立入禁止とのこと。



「じゃあ」「やりますか」ということでヘリのとこに行って乗せてくださいー、と。ちなみに二人とも高いところは苦手でござる。

ちなみに地上スタッフのおっちゃん、脱サラされる前はうちのちょう近所に勤務されていたとのことでローカル談義に花が咲きました。

_DSC2165



_DSC2185



_DSC2189



_DSC2193



_DSC2198



_DSC2208



_DSC2217

ヘリは相席になって助手席はお一人で搭乗の中国の方(フライト中ずっとiPhoneで動画を撮ってはった)。パイロットさんはちゃんと「はい左に傾けますよー」とか言ってくれたので身構えることもできて、まあ怖いっちゃ怖いけどキレイだし楽しかった!

自分のなかで残りの人生乗りたかったものの2つであるお馬さんとヘリをクリアできたので*2だいぶ満足して、「そういえばお腹減ったね」と草千里のレストハウスに戻り、「さっき乗ったけど…おいしそう…」と馬肉串焼きの誘惑に負ける。いいの、水族館の魚はおいしそうだし馬肉は美味しいの。

ついでにソフトクリームとか食べつつ、一路熊本へ下界に降りていく。途中葉祥明美術館があった。


レンタカーの返却場所が熊本駅の方なので市内を運転しつつ、今までペーパードライバーだったのに路面電車と対峙するとか難易度高いことしたりして手に変な汗いっぱいかきながら無事返却。

くまモンを眺めながらおみやげを買い、九州新幹線新鳥栖へ。ええ、九州新幹線乗りたかっただけですよ…。正味20分以下の乗車。

_DSC2426


_DSC2431


_DSC2435

BGMはやっぱりBoom! Boom!



_DSC2439

新鳥栖で一部*3で有名なおうどんを食べて過ごし、ハウステンボス号でこれまた一部*4で有名な武雄温泉駅まで。駅前のビジネスホテルに荷物を放り込んでから再びレンタカーを借りて、佐賀県立宇宙科学館へ。



_DSC2450

ここのサタデーナイトプラネタリウム(オペレーションは大学の時の博物館実習先で知り合った友達)を見るために、武雄に土曜日泊するのを基点にして旅行計画を立てたのだ。ふふふ。


_DSC2449

館内には字幕付きプラの案内も。やるなあ。



_DSC2457

ご挨拶とジェミニスターの写真撮影もほどほどに、オペレーター席の近くつまりセンター後ろよりに陣取り、靴を脱いで椅子の上に体育座り。プラネタリウムで椅子に体育座りしてそのままリクライニングをフルで倒すと暗闇のオープンスペースに一人体育座りして空を眺める感じになってすごくすごく楽しいのでちょうオススメ。

大学生の時住んでた街の区立プラで編み出したんだけど、そのオペレーターの友達らしい女子二人組も自然に同じことやってはってキュンてした。




_DSC2458

_DSC2465

あっという間のサタプラも終わり、「いやーいいよねえいいよねえやっぱりここのプラ好きだよう」という話をしにコンソールに行ったら「触ってみるかね(ドヤッ」ということで「べっ、べつに大阪市立科学館で実習の時に触らしてもらったもん(びくんびくん」とか言いながらプラ装置の上下ボタンとか押させてもらいました。



_DSC2466

押しボタンの魅力にはいつだって勝てない。



_DSC2467

ここで引きこもりたい。







あと、投影途中に星画像にかぶせたオーロラ画像がやけに綺麗だったのですが話を聞いたら「ああ、それそれ、4Kプロジェクタ」って。

_DSC2460

かっこいい…(うっとり)。



_DSC2468
その後天体観望会があるというので屋上の望遠鏡ドームへ。天気はお約束の曇り空で「みなさーん、曇なのは東京から来たこの人のせいですよー」と言われて白い目で見られる。ひどい。



_DSC2479

_DSC2481

_DSC2482

そんなこんなしながら長時間レリーズで遊んだりしながらお開きになって、じゃあご飯食べに行こうぜ!ということでお食事。





_DSC2489


まだ色素胞がイリュージョンな状態のイカ。
(地元の方的にはまだまだもっと新鮮なイカがいる、とのことですが十分新鮮…!!)



ナス田楽とかだし巻きとかうめえうめえと食べながら、おみやげをもらったり渡したり。科博の元素展で買った元素生活手ぬぐいをあげたら(妻の人には「女子にそれはないやろ…」と言われてたけど)「ちょっと何でこれ欲しかったってわかったん!!ていうか一つだけ??もっと持ってくるべきやろ保管用と使う用と布教用みたいな」「」というくらい気に入って頂きました。



駅前のビジネスホテルに戻って就寝。

翌日は最終日、長崎バイオパーク

*1:どういう匂いかというと戻してない白い干瓢をフードプロセッサーで粉々にした直後蓋を開けて鼻を突っ込んだら擬似的に体験できますが笑い事じゃないくらいに咳が止まらなくなるからマネしちゃダメだよ

*2:あとは潜る系に乗りたいよう

*3:食べ歩き系鉄

*4:図書館クラスタとかセキュリティ関連とか